ここは人と関わらない仕事を求める者が集まるアローネ(alone)神殿。組織に属することが苦手な君の転職が見つかるよう手助けする場所じゃ。まずは希望を選択するのじゃ!

WORKING QUEST~人と関わらない仕事を求めて~ » 小説家

小説家

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

神官
吹き出し

小説家は出版社などから依頼されて物語を書く職業じゃ。ただし、新人小説家と売れっ子小説家の年収は大きく異なる。少ない者では年収は200万円で、生活するのに一苦労という者もおる。逆に、売れっ子小説家は年収1,000万円以上稼ぐ者も居るのじゃ。

小説家の年収相場

小説家の年収相場は作家により異なります。一般的な小説家は平均で100万円から300万円ほどで、トップクラス小説家になると数億円の収入になることも。ライトノベル小説家は200万円から300万円ほどで、小説家の中でも年収は少な目です。小説家の生涯年収は8,600万円から1億7,200万円ですが、先述の通り大きな差があるのでこちらはあくまでも目安。トップレベル小説家となると、生涯年収はかなりの額になります。

新人小説家の年収

新人小説家の年収には差がありますが、200万円前後が一般的です。新人小説家の場合、まずは新人賞を取って知名度を上げることから始まります。昔と比べ、新人小説家が本を出版するまでのハードルは低くなっていますが、そのまま順調に小説家として活動できるかどうかは、その人の腕次第です。

売れっ子小説家の年収

小説家として順調に活動を進め、大ヒット作が出た売れっ子小説家になると、年収はぐんとアップ。売れっ子小説家の場合、年収の平均は600万円から1,000万円と言われています。ただし、どのくらい売れたか、ヒットの度合いによって同じ小説家でも年収に差が出てくるのが現状です。ここから更にトップクラスの小説家になると、年収は億に達します。

人と関わらない度合い

小説家の仕事は、物語を書くことです。仕事スタイルは一日中一人で机に向かい、創作活動をするという形が基本。人と関わらない度合いはかなり高いですが、出版社との打ち合わせやパーティーの出席などがあるので、絶対に人と関わらない、というわけではありません。ただしこれは毎日ではなく、トータルで見ると人と関わらずに仕事をする時間はかなり長いです。

小説家ってどんな仕事?

小説家は、物語を文字という形で創作し、小説という形態で発表して作品を売り、生計を立てる職業です。小説家の仕事時間は特に決まっていません。しかし、毎日決まった時間に仕事をして、生活サイクルを意識して整えている方は多いです。ただし、突発的な依頼が舞い込んだ場合、時間の合間を縫って仕事をする場合もあります。会社員の残業や休日出勤と同じです。場合によっては徹夜での作業になることも。また、生活サイクルを決めて仕事をしている小説家でも、少しも筆が進まないときもあります。何時間も机に向かい、一ページも進まない日というのは珍しくありません。生活サイクルを整えながら仕事をするには、安定したモチベーションが必要です。

専業と兼業の違い

専業作家は小説一本で収入を得ている方を意味します。小説の執筆料だけで生計を立てられる専業作家の数は少なく、更に時間的に余裕のある方は一握りです。一般的な小説家の場合、一日中仕事をしてようやく収入が得られる、配偶者や家族のサポートがありようやく暮らしていける、という方も少なくありません。それだけ、専業作家として生きていくのは難しいのです。兼業作家は小説家として活動しながらほかの仕事をして、生計を立てている方を指します。

資格や専門知識は必要?

小説家になるために、資格や専門知識は必要ありません。しかし、よりリアリティのある作品や売れる作品を書くためには、ある程度の知識は必要となります。たとえばSF作家の場合、話に矛盾が生じないようにその分野の知識が必要ですし、勉強をしなければなりません。ただし、専門家のようなレベルの高いものではなく、あくまで小説を書くうえで必要な部分のみが求められるので、知識の取捨選択が求められます。

平均労働時間

小説家の平均労働時間は人により異なります。同じ人でも一日で執筆がかなり進む場合もあれば、全く筆が進まない日もあるので、労働時間はまちまちです。一般的に多くの小説家は普通の会社員のように生活サイクルを決めているので、7時間から8時間が平均的と言えます。

将来性

昔と比べ、本の出版のハードルは低くなっています。このため小説家の人数自体は増えていますが、売れた作品は一本だけ、という方も少なくありません。作品を発表する場も多くなり業界全体は活発的ですが、やはり大きな賞を取るのは難しいです。ただし、IT化や技術の発展が進んでも、長い目で見れば小説家という職業自体がなくなることはないと考えられます。

どんな人が向いている?

継続して作品を書く安定したモチベーション、売れる作品と自分が書きたい作品の割り切りなど、精神的に強い方が小説家に向いていると言えます。文字を書くのが好き、文章校正能力が高いというだけでは、小説家になれません。また、コツコツとした作業が苦にならない方、小説を書くうえでの情報収集を積極的に行える方は、小説家として成功するチャンスがあります。