ここは人と関わらない仕事を求める者が集まるアローネ(alone)神殿。組織に属することが苦手な君の転職が見つかるよう手助けする場所じゃ。まずは希望を選択するのじゃ!

WORKING QUEST~人と関わらない仕事を求めて~ » 【攻略の章】人間関係で仕事をやめたい時に読むべきガイド » モラハラがきつくてやめたい

モラハラがきつくてやめたい

【登録日:

- 登録日:

神官
吹き出し

上下関係の厳しい職場で働いていると、モラハラを疑う場面に遭遇することも多いのではなかろうか。些細なミスで人間性を否定されるような暴言を吐かれるようなことがあったら、それは立派なモラハラじゃ。モラハラが原因で転職するときの極意も解説するぞ。

モラハラとは

モラハラは、言葉・態度・文書・身振りなどで働く人の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的・精神的に傷を負わせて職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くさせる行為をさします。

パワハラの75%は上司から部下に行われるもので、立場の強い者が優位性を利用して弱い者いじめが行われます。具体的には、次のような人権侵害にあたるような言動がモラハラにあたります。

  • 皆の前で大声で怒鳴る
  • 物を投げつける
  • 人間性を否定するようなことを言われる
  • 退社時間間際に大量の仕事を毎回押しつける
  • 挨拶を無視する
  • 部署の食事会に誘わない
  • プライベートに関わることを公開する

強力な全体攻撃・モラハラを無効化するには

なによりも大切なのは、職場内に相談できる相手を見つけること。モラハラを受け続けると精神的に参ってしまうので、自分がモラハラの被害に遭っているのかどうか、分からなくなってしまう危険があります。

相手の威圧的な言動から自虐的になり、職場で孤立する恐れもあるのです。「モラハラかも?」と思ったら、早い段階で信頼できる先輩や同僚、上司に相談し、解決策を一緒に考えてもらいましょう。

また、パワハラの場合は肉体的な証拠が残りやすいですが、モラハラは精神的苦痛を与えるものなので、証拠が残りにくいものです。加害者のモラハラがエスカレートしている場合は、ボイスレコーダーに発言を録音し、証拠を残しておきましょう。

万が一、裁判沙汰になっても、記録があればモラハラがあったことを立証できるので、非常に有利です。携帯の録音機能を使っても良いですが、よりクリアな音声を記録する方が証拠として残しやすい為、専用のボイスレコーダーを用意しておくことをおすすめします。

モラハラを受け続けるとどうなる?

定期的にモラハラを受けていると、うつ病が発症する恐れがあります。

「気分が沈む」「なにごとにも興味がわかない」「摂食障害が起こる」「睡眠がとれない」「無気力状態になる」「自分は価値のない人間だと思い、自暴自棄になる」「仕事や家事がうまくできなくなる」などの症状が起こることもあります。あなたがもし、モラハラを受けている疑いがあり、上記に挙げたような症状がある場合は、職場で信頼している人に相談をし、心療内科で診てもらうことをおすすめします。

転職は逃げではない

モラハラを受けた人のなかには「自分が無能だからいけないんだ」と自分を責める人がいます。しかし、悪いのはあなたではなく、暴言を吐いたり、人の心を傷つけるような行動をとったりする人を野放しにするような会社です。

モラハラを放置するほど、自分に権力があると思い込んでモラハラはますますエスカレートします。なので、「この人と一緒に仕事をしたくない」、「この会社で仕事はできない」と思ったら退職しても良いのです。

思いやりの心が成り立つ職場であれば、良好な人間関係が築かれるはずです。誰かが犠牲になり、それが放置される時点でその職場は狂っているのですから、モラハラと戦うこと自体がナンセンスと言えます。

いろいろ手を尽くしたという人は転職を検討

多少の性格の不一致で転職をするのは、我慢が足りないかもしれませんが、苦痛と思うほどの人間関係は相当なものです。そのような会社は即刻辞めて転職しましょう。ただし、転職する際には、退職理由にモラハラで辞めたことは明かさない方が良いでしょう。ストレスに弱いと思われてしまうと、採用には不利になってしまうからです。

もしくは、人と関わらない仕事に転職を選ぶのもおすすめです。チーム体制ではなく、一人で完結する仕事であれば上司と部下の関係もなく、モラハラを恐れずに仕事ができます。最近は、モラハラ対策を率先して進める企業も増えていますが、人が集まれば必ずトラブルは起こるものです。人間関係のいざこざに巻き込まれるのが嫌なら、人と関わらない職業を探す方が賢明と言えるでしょう。