ここは人と関わらない仕事を求める者が集まるアローネ(alone)神殿。組織に属することが苦手な君の転職が見つかるよう手助けする場所じゃ。まずは希望を選択するのじゃ!

WORKING QUEST~人と関わらない仕事を求めて~ » 宅配ドライバー

宅配ドライバー

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

神官
吹き出し

人間関係の悩みで転職を考えている人でも安心して働けるのが、宅配ドライバーじゃ。しかも高収入が期待でき、将来性もある。今回紹介している仕事のなかでもおいしい職業のひとつだと言えるぞ。

人と関わらずにすむ仕事内容

宅配ドライバーのイラスト

宅配ドライバーは店舗や個人宅、会社、施設などに荷物を運ぶ仕事です。決まったエリア内をまわるルート配送、個人宅に宅配便の荷物を集荷・配達します。

運ぶ荷物は会社によって異なり、資材から食用品までさまざま。そんな宅配ドライバーのなかでほとんど人と関わらないのがルート配送です。ルート配送は食用品や雑貨などの商品を決められた時間に決められた場所、決められたルートで運ぶ仕事のこと。コンビニエンスストアや工場などをまわって決められた商品を配達します。

ほかの運送形態とは違い、決まった場所に配送するだけなので、人と関わることはほとんどありません。

人と関わる可能性がある仕事内容

セールスドライバーは荷物の配達だけでなく、集荷、料金回収、営業が入ってきます。荷物の受け渡しだけであれば数秒から数分で済みますが、料金回収、営業が入ると人と関わらなければなりません。

なかには配達時・集荷時に客から委託している宅配会社への声を聴くことがあります。その声を拾い、会社に伝えることも仕事のひとつです。他の会社で扱っている荷物を自分が委託している会社で扱えるようにするため、声掛けを行なわなければならないときもあります。

機会が少ないとはいえ、ルート配送よりは人と関わる可能性が高い仕事内容といえるでしょう。宅配ドライバーで人と関わらない仕事内容を選びたいのであれば、ルート配送がおすすめです。

宅配ドライバーの年収相場

宅配ドライバーの年収相場は、約270万円~700万円です。出来高制が多く、配送すればするだけ稼げるのが特徴。

荷物1つあたりの単価が会社によって違うため、単価の高い会社で働くのが、年収を上げるコツです。

運輸業・郵便業の雇用形態別年収相場[注1]

※総務省が定める「日本標準産業分類」で宅配ドライバーが該当する「運輸業・郵便業」の数値を算出。以下同。

正社員の場合

19~39歳/約203万円~350万円

正社員以外の場合

19~39歳/約178万円~227万円

運輸業・郵便業の階級別年収相場[注2]

部長級の場合

約589万円

課長級の場合

約492万円

係長級の場合

約416万円

非役職の場合

約333万円

運輸業・郵便業の年齢別年収相場[注3]

19歳以下

約202万円

20~24歳

約229万円

25~29歳

約264万円

30~34歳

約306万円

35~39歳

約337万円

どんな仕事?

宅配ドライバーのイラスト

宅配ドライバーは、店舗や個人宅、会社、施設などに荷物を運ぶ仕事です。決まったエリア内をまわるルート配送や、個人宅に宅配便の荷物を集荷・配達する仕事もあります。

車の大きさはさまざまで、ワゴン車から小型トラック、中型トラック、大型トラック、さらにポールトレーラーなど、扱う荷物や移動距離によって運転する車が変わってきます。荷物の内容も、資材から食料品、日用品、小包、封書までさまざま。

なかでもガッツリ稼げて割が良いと言われているのは、軽貨物の宅配ドライバー。バンタイプの軽自動車なので運転しやすいですし、荷物は通販サイトの購入物など比較的小さく軽いものが多いのが魅力です。配達距離も短いので肉体的な負担も軽いと言われています。

軽貨物のドライバーは、荷物1個あたりの単価が決まっているので、配達すればするほど稼げます。素人から始めても十分な収入が期待できるでしょう。

稼ぎたいなら委託ドライバー

宅配会社と業務委託契約を結び、言わば個人事業主として働くスタイルを委託ドライバーと言います。企業に属さないため人と関わる度は正社員として働くよりもグッと下がります。

いわゆるフリーランスという形になるので初期費用に疑問を抱く方もいるかもしれませんが、開業資金が0円という会社も少なくありません。委託ドライバーは自由が利き、荷物を運んだぶんだけ給料がもらえるので、とにかく稼ぎたい方におすすめです。

人と関わる場面は?

人と関わるのは、荷物を受け取るときと渡すとき。とはいえ、どちらも数秒~数分の世界ですし、宅配に関しては最近は宅配ボックスが設置されているマンションも少なくありません。

食品の宅配サービスの場合は営業活動が業務に含まれる場合があるので、事前に必ず確認しておきましょう。

資格や専門知識は必要?

運転免許が必須です。会社によっては普通自動車での配送から始め、慣れたら小型トラックの配送へとステップアップしていくこともあります。収入を増やす目的で、中型や大型トラックの免許を取って仕事範囲を広げたり、管理職に昇格して年収を増やしたりする人もいます。

一般的には、車両が大きくなるほど資格や経験が求められるので年収は高くなりますが、賃金は会社により差があるため、待遇はしっかり確認するようにしましょう。

平均労働時間

一般的な事務仕事に比べると労働時間は多め。1日あたり10時間ほど働く人が多いようですが、労働時間に比例して収入も増えることになります。

将来性

ネットショッピングが主流となりつつある現代は、宅配の荷物が多いため、仕事がなくなることはまずないでしょう。そのため、安定した収入を得ることができます。

どんな人が向いている?

車の運転が好きな人というのは大前提。あとは、荷物の積み運びがあるので、体力に自信がある人におすすめです。時間が不規則になりがちですが、人間関係においては自由で気楽。人付き合いが苦手な人には最適の職種と言えるでしょう。

宅配ドライバーが向いている人はこんな仕事もおすすめ

参考サイト