ここは人と関わらない仕事を求める者が集まるアローネ(alone)神殿。組織に属することが苦手な君の転職が見つかるよう手助けする場所じゃ。まずは希望を選択するのじゃ!

WORKING QUEST~人と関わらない仕事を求めて~ » テープ起こし

テープ起こし

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

神官
吹き出し

録音された音声の内容を文字化する仕事が、テープ起こしじゃ。国語力が問われるから、学生時代に国語が得意だった人には向いておるかもしれんの。そんなテープ起こしを詳しく見ていこう。

人と関わらずにすむ仕事内容

テープ起こしのイラスト

テープ起こしは文字起こしや音声起こしとも呼ばれ、会議やインタビュー、対談の音声内容を聞きながら文字をパソコンで入力する仕事です。

テープ起こしを専門に行なっている会社に所属していれば依頼が入ってきます。仕事に必要な音声は郵送やメールなどで受け取れるので、人と直接関わることはほとんどありません。テープ起こしの依頼内容によっては専門用語が飛び交うことも多いので確認が必要ですが、大半はインターネットで調べられるので電話で確認する手間が省けます。

人と関わらずにテープ起こしの仕事をする場合は、テープ起こし専門の会社への所属がおすすめです。

人と関わる可能性がある仕事内容

会社に所属せずに個人で依頼を受け取る場合は自分で仕事を取りに行かなければならないので、人と関わる可能性が大いにあります。人と極力関わらないようにするのであれば、テープ起こし専門の会社への所属が無難です。

会社からの依頼でも、特殊な案件を担当する場合はクライアントとの電話やビデオ通話などのやり取りが発生することがあります。表記と納品形式がクライアントによって異なるので、依頼を受けたときにしっかりと確認しなければなりません。テープ起こしは依頼内容によっては人との関わりが出てくる仕事ではありますが、スキルを磨くことで収入アップが見込める仕事です。

テープ起こしの年収相場

フリーで働く場合は、60分の音声を文字に起こすのに10,000円~20,000円が相場と言われています。

とにかく早く文字に起こせなければ受注数を増やせず、安定的に稼ぐのは難しいでしょう。

速記・ワープロ入力・複写業の雇用形態別年収相場

※総務省が定める「日本標準産業分類」でテープ起こしが該当する「その他の事業サービス業(速記・ワープロ入力・複写業)」の数値を算出。以下同。

正社員の場合

19~39歳/約197万円~315万円

正社員以外の場合

19~39歳/約198万円~233万円 

速記・ワープロ入力・複写業の階級別年収相場

部長級の場合

約547万円

課長級の場合

約455万円

係長級の場合

約406万円

非役職の場合

約287万円

速記・ワープロ入力・複写業の年齢別年収相場

19歳以下

約196万円

20~24歳

約227万円

25~29歳

約247万円

30~34歳

約269万円

35~39歳

約296万円

人と関わる場面は?

音声ファイルを受け取り、文字データを納品するだけならメール経由でのやり取りで完結します。特殊な案件の場合は、クライアントと電話やビデオ通話のやり取りが発生することもあります。

資格や専門知識は必要?

専門性の高い分野に特化する場合は、その業界の知識が必要になりますが、文字起こしの仕事を始めるにあたり、資格等は必要ありません。

ただし、未経験だと見習いからスタートするため、初めはびっくりするくらい単価が低いこともあります。不慣れな人だと1時間分の音声を起こすのに1週間かかったりすることもあり、ある程度の経験とタイピングのスピードがないと安定して稼げないでしょう。

平均労働時間

1件いくらという出来高制なので、労働時間は自分の裁量次第。ベテランになれば少ない稼働時間で1日1万円、2万円と稼げますが、初心者の場合は単価も低く、稼働時間も長くなることを覚悟しておきましょう。

将来性

はじめは労働時間に対する収入が見合わず、辛いと感じるかもしれません。しかし、自分の勉強次第でどんどんスキルアップできる仕事でもあります。

文字起こしの通信講座を受講したり、文字起こし技能テストを積極的に受験したり、実力をつけていけば文字起こしだけで生計を立てられるでしょう。

どんな人が向いている?

小さな仕事でも真面目に貪欲に取り組める人が向いています。クライアントによって、依頼方法やこだわるポイントが異なるので、臨機応変に対応できる柔軟さも求められます。入力が正確かつ速く、知らない情報を調べるスキルも必要です。

テープ起こしが向いている人はこんな仕事もおすすめ

参考サイト