ここは人と関わらない仕事を求める者が集まるアローネ(alone)神殿。組織に属することが苦手な君の転職が見つかるよう手助けする場所じゃ。まずは希望を選択するのじゃ!

WORKING QUEST~人と関わらない仕事を求めて~ » 歯科技工士

歯科技工士

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

神官
吹き出し

歯科技工士は、義歯やマウスピースなど、歯に入れる人工物を作成する仕事じゃ。ほぼ一日中製作をするので、人と関わる度合いは低めになっておる。具体的な仕事内容や気になる年収、将来性についてまとめてみたぞ。

人と関わらずにすむ仕事内容

歯科技工士は患者の口の中に入る義歯やマウスピースなどを作るする技術職です。医師から依頼されるので、患者と直接関わることはありません。業務時間のほとんどを製作に当てるので、人と接する時間は短い職業です。

人と関わる可能性がある仕事内容

歯科技工士は歯科医師からの注文依頼があって初めて成り立つ仕事です。依頼内容をきちんと把握するためには、歯科医師とのコミュニケーションが重要となります。正確に要望を聞き出す能力など、ある程度のコミュニケーション能力が必要です。

歯科技工士の年収相場

歯科技工士の平均年収は400万円ほどで、医療業界の中では低い水準となっています。大幅なキャリアアップも難しい職業です。

歯科技工士ってどんな仕事?

歯科技工士は歯科医師からの依頼を元に、患者の口の中に入る義歯やマウスピースなどを作成する仕事です。すでに使用している義歯やマウスピースなどを修正する場合もあります。人の体の中に入る道具を作成するので、非常に繊細で高度な技術力が求められる仕事です。近年では機能性だけではなく、装着したときにより自然に見せるため歯の色や形にこだわった依頼も多く、歯科技工士に求められるスキルは高くなっています。

資格や専門知識は必要?

歯科技工士になるためには、専門の教育機関に入学して2年間学ぶ必要があります。修了後、歯科技工士の国家試験の受験資格が得られる仕組みです。もちろん、受験に合格しなければ歯科技工士として働くことはできないので、試験対策に向けた勉強は必須。合格後、歯科技工士名簿に登録申請して免許が交付されれば、歯科技工士として働くことができます。

平均労働時間

歯科技工士の労働時間は長く、納期前や依頼が重なったときは長時間の残業に及ぶことも珍しくありません。一般的な会社員よりも残業時間は長く、休日出勤もしなければならないこともある仕事です。

将来性

若手の人手不足が厳しい業界です。労働環境や給与面の改善が求められていますが、現状はまだ厳しい状態が続いています。また、高い技術を持った人が海外で活躍するケースも多いことからも、日本国内での将来性は見通しがあまり良くありません。

どんな人が向いている?

精密な作業を長時間できる集中力、手先の器用さが必須条件です。気力と体力を使う仕事なので、この二つを兼ね備えている方が向いている仕事と言えます。少しのミスも見逃さない完璧主義な方は、歯科技工士向きかもしれません。

歯科技工士が向いている人はこんな仕事もおすすめ